• SNS

SNS担当者必見!モテクリエイターゆうこす

フォロワーが増えなくて悩んでいるSNS担当者の方に知っていただきたい「ゆうこす」。

「モテクリエイターゆうこす」ってご存知ですか?

HKT48を辞め、料理アイドルを経て、実家でのニート生活に突入。そこから、たった2年で年商1億円ビジネスを起業する大逆転を遂げた菅本裕子さん。「ゆうこす」の愛称で10~20代の女性を中心に、モテクリエイターとしてSNSで話題を集めている、今、最も影響力あるインフルエンサーです。

男女問わず愛されるメイクやファッション、インスタ映えする写真の撮り方や髪形などに関して研究した情報をSNSなどで発信しています。
SNSの合計フォロワーは現在100万人超え。
ゆうこすさんは女性支持率が圧倒的で、彼女がSNSで力いっぱい紹介したコスメが飛ぶように売れます。
一昨年には個人事務所を立ち上げ、テレビや雑誌などのマスメディアに出演するだけでなく、SNSアドバイザーとして企業向けの講演会を開催したり、本を執筆したり、オンラインサロンを運営したりと多彩な活動を展開しています。

そんな彼女が経験をもとに見つけた“共感される発信”を実現する4つのキーワード

1.人に広めたい有益な情報か
2.ターゲットが明確か
3.“人”を感じさせるか
4.ストーリー性があるか

普通なら「Instagram=写真」と考えますが、彼女は人と違うことをしないと目立たないと気付き、テキストを多めにして投稿しています。「商品の説明が詳しく載っていて参考になる。」「どこのお店で買えるかが書いてあるので便利。」というように多くの支持を得ています。

「インスタ映え」から「タグ映え」に

「タグる」という言葉をご存知ですか?
若い子たちはハッシュタグで様々な物事を検索しますが、ハッシュタグで検索することを「タグる」と言っています。
写真が良いことは既に当然のことで、同じハッシュタグの一覧の中でいかに目立つ写真か、これからは“インスタ映え”ではなくて“タグ映え”するかどうかだそうです。

いやあ、彼女の記事は読めば読むほど勉強になります。

関連記事

  1. Instagramで商品販売

error: Content is protected !!